年代別NIPT事情~30代後半からが対象年齢

年代別NIPT事情~30代後半からが対象年齢 新型出生前診断のNIPTは、出生前に胎児の染色体に以上の疑いがあるかどうかを知ることができる検査です。
日本では一般的に出産予定日時点で妊婦さんの年齢が30代後半とされています。
NIPTで分かる染色体異常にはいくつかの種類がありますが、その中でダウン症の発生率は母体の年代と大きくかかわっていて、30歳では0.16%と言われています。
ダウン症の発生率に関しては、35歳では0.4%になり、40歳では1.47%になるという調査があります。
母体の年代が上がるにつれて、ダウン症の発生率が高くなることから30代後半が~対象年齢とされている物と思われます。
また、NIPT検査の的中率も、母体の年齢が上がるにつれて高くなるといわれており、35歳以上の場合の的中率は約80%程度です。
年齢制限が設けられている背景には、ダウン症の発生率が高くなり、陽性的中率も高くなるのが35歳以上というデータがあるからということになります。

NIPTが受けられる年代は35歳以上なのはなぜか

NIPTが受けられる年代は35歳以上なのはなぜか 出生前検査にも様々な方法がありますが、お腹に針を刺す羊水検査や絨毛検査は流産や死産のリスクがあることもあり、抵抗を感じる人も少なくありません。
そこで注目が高まっているのがNIPTと呼ばれる検査です。
これは、母体の血液を採取して、胎児の染色体異常の確率を調べる検査で、体に負担が少ないことがメリットです。
とはいえ、NIPTには年齢制限もありますので、どの年代でも受けられるわけではありません。
その理由としては、母体の年齢が上がるにつれ、ダウン症発生率は高まるとされていますが、35歳からはその確率が一気に高くなるということがあげられます。
そして、若い世代でもこうしたリスクが全くないというわけではありませんが、若い世代では検査の精度がやや低下するとされており、年齢制限が設けられているとのことです。
一般的なNIPTは35歳からが対象ですが、医療機関によっては年代にかかわらず検査を受けられるところもあります。

新着情報

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>今さら聞けない!細胞DNA検査とNIPTの違い
>NIPTで明らかになる遺伝子異常性は一部
>NIPTでわかる!ねこ啼き症候群について
>NIPTで判明しないターナー症候群について
>NIPTの基本検査でわかるエドワーズ症候群

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>大手のハウスメーカーが選ばれている理由とは
>ハウスメーカーでライフスタイルに合った家を建てよう
>輸入建築を購入する場合のハウスメーカーの選び方
>ハウスメーカーのホームページで基本プラン内容の確認
>各ハウスメーカーで工夫をしているエコな環境と設備の情報

◎2021/1/28

NIPTでわかる胎児ゲノム率とは
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

NIPTを受ける年代の割合
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

40代ももちろん受けられる
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 前」
に関連するツイート
Twitter

少しNIPTの結果も出て、16w0dの明日、満を持して明日実両親に妊娠を報告する!腰抜かして驚きそう。

先日の戌の日に安産祈願に行って来ました🐶一人で。妊婦健診も一人だし、NIPTも一人。妊娠に一人行動極めたおかげで何にも思わない自分、我ながらメンタル安定してるなと過去の自分に感謝、謝謝🙏

双子の片方が育たず、1人だけ帝王切開にて高齢出産、NIPT(新型出生診断)、母が更年期障害を拗らせ自死、自死遺族、父はスキルス胃がん発見後3カ月で他界、家族の癌闘病で手術〜ホスピスまで経験、

『12w6d やっと初妊婦検診&出生診断NIPT

返信先:やりました。。。異常なしでした。NIPTも異常なしで初期の方は流産後の染色体検査も異常なしなので、恐らくは子宮側みたいなのですが、子宮側も血液検査も子宮内フローラなどなど異常なしなので???です🥺私の場合、染色体が異常なしなので着床診断しても、流産確率は変わらないみたいです😭