年代別NIPT事情~30代後半からが対象年齢

年代別NIPT事情~30代後半からが対象年齢 新型出生前診断のNIPTは、出生前に胎児の染色体に以上の疑いがあるかどうかを知ることができる検査です。
日本では一般的に出産予定日時点で妊婦さんの年齢が30代後半とされています。
NIPTで分かる染色体異常にはいくつかの種類がありますが、その中でダウン症の発生率は母体の年代と大きくかかわっていて、30歳では0.16%と言われています。
ダウン症の発生率に関しては、35歳では0.4%になり、40歳では1.47%になるという調査があります。
母体の年代が上がるにつれて、ダウン症の発生率が高くなることから30代後半が~対象年齢とされている物と思われます。
また、NIPT検査の的中率も、母体の年齢が上がるにつれて高くなるといわれており、35歳以上の場合の的中率は約80%程度です。
年齢制限が設けられている背景には、ダウン症の発生率が高くなり、陽性的中率も高くなるのが35歳以上というデータがあるからということになります。

NIPTが受けられる年代は35歳以上なのはなぜか

NIPTが受けられる年代は35歳以上なのはなぜか 出生前検査にも様々な方法がありますが、お腹に針を刺す羊水検査や絨毛検査は流産や死産のリスクがあることもあり、抵抗を感じる人も少なくありません。
そこで注目が高まっているのがNIPTと呼ばれる検査です。
これは、母体の血液を採取して、胎児の染色体異常の確率を調べる検査で、体に負担が少ないことがメリットです。
とはいえ、NIPTには年齢制限もありますので、どの年代でも受けられるわけではありません。
その理由としては、母体の年齢が上がるにつれ、ダウン症発生率は高まるとされていますが、35歳からはその確率が一気に高くなるということがあげられます。
そして、若い世代でもこうしたリスクが全くないというわけではありませんが、若い世代では検査の精度がやや低下するとされており、年齢制限が設けられているとのことです。
一般的なNIPTは35歳からが対象ですが、医療機関によっては年代にかかわらず検査を受けられるところもあります。

新着情報

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>今さら聞けない!細胞DNA検査とNIPTの違い
>NIPTで明らかになる遺伝子異常性は一部
>NIPTでわかる!ねこ啼き症候群について
>NIPTで判明しないターナー症候群について
>NIPTの基本検査でわかるエドワーズ症候群

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>大手のハウスメーカーが選ばれている理由とは
>ハウスメーカーでライフスタイルに合った家を建てよう
>輸入建築を購入する場合のハウスメーカーの選び方
>ハウスメーカーのホームページで基本プラン内容の確認
>各ハウスメーカーで工夫をしているエコな環境と設備の情報

◎2021/1/28

NIPTでわかる胎児ゲノム率とは
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

NIPTを受ける年代の割合
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

40代ももちろん受けられる
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 前」
に関連するツイート
Twitter

出生診断についてカウンセリング受けた。赤ちゃんが成長できてたら、NIPT受けることにした。とりあえず明日の受診で成長してるか。してる、してる。

NIPT旦那が妊娠から絶対!!!って言っていたのに年齢的に認可外でしか受けられず値段が高いことが分かりえびが決めていいよって言い出した😑 私が決める=私がお金出すってことでしょ😑

出生診断NIPT受けた方が良いのかなぁとチラチラ思いつつ、12wに突入した🍋 30歳なら確率的にまあ大丈夫かな…とも思うけど、旦那は35歳だし、自分はすごい低確率で大腸がんなったし…と気にしてしまう

年齢的に不安もありNIPT(出生診断)と羊水検査を受けました。 今回、NIPTでは21トリソミー陽性→羊水検査では陰性。つまり、NIPT偽陽性でした。このことを残しておきたくて久しぶりにブログ書いたので、どなたかのお役に立てれば

NIPT検査(出生診断)が受けられる医療機関には「認定施設(認可)」と「無認定施設(無認可)」があります。 今回は無認定(無認可)でも評判の良い施設・クリニックをご紹介いたします。