40代ももちろん受けられる

40代ももちろん受けられる 日本では、初婚年齢が30代、40代ということも珍しくなくなっています。
それゆえ、出産年齢も高くなる傾向にあります。
とはいえ、妊娠や出産はうれしいことばかりではなくリスクもあります。
特に妊婦の年齢が上がると胎児に異常が発生する確率も高まるとされています。
そこで出世前診断を利用する人も多く、血液の採取で検査が可能なNIPTは流産や死産のリスクがないこともあり、注目が高まっています。
NIPTを利用するには年齢制限もあるとされていますが、40代でも利用することができます。
35歳以上になるとダウン症のリスクが高まることから、一般的なNIPT検査は、35代以上が受けるものです。
若い世代では、検査精度が落ちることや、胎児に異常が発生するリスクが低いことから、年齢制限が設けられています。
若い世代でも、まったくリスクがないというわけではなく検査を希望する人も少なくありませんが、医療機関によっては、年代にかかわらず検査を受けられるところもあります。

NIPTは年代によって検査結果の精度に違いがあります

NIPTは年代によって検査結果の精度に違いがあります 日本では産婦人科の学会がNIPTの受診者を35歳以上に限定し認可施設でのみ実施を認めています。
しかし少子高齢化が進む日本では高齢出産をする女性が増えており、NIPTの需要が年々高まってきている状態です。
検査の需要が増えるにつれて、35歳未満でも受診できる無認可の施設が増加しています。
羊水検査など確定的検査を行えば胎児の様々な染色体異常を発見できますが、流産や死産のリスクがあります
NIPTは非確定的検査なので陽性となった場合には羊水検査などを行わなければなりません。
ただし年代を問わず流産や死産のリスクがなく、短期間で簡単に染色体異常を調べることができるというメリットがあります。
NIPTではダウン症候群の他にもパトー症候群やエドワーズ症候群を調べることが可能です。
検査結果の精度は発生頻度の高いダウン症候群が最も高くなりますが、いずれも年齢が上がるほど精度も上がるという特徴が見られます。
例えばダウン症候群の場合は30歳の陽性的中率が61.3%とされており、40歳だと93.7%に上昇します。

新着情報

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>今さら聞けない!細胞DNA検査とNIPTの違い
>NIPTで明らかになる遺伝子異常性は一部
>NIPTでわかる!ねこ啼き症候群について
>NIPTで判明しないターナー症候群について
>NIPTの基本検査でわかるエドワーズ症候群

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>大手のハウスメーカーが選ばれている理由とは
>ハウスメーカーでライフスタイルに合った家を建てよう
>輸入建築を購入する場合のハウスメーカーの選び方
>ハウスメーカーのホームページで基本プラン内容の確認
>各ハウスメーカーで工夫をしているエコな環境と設備の情報

◎2021/1/28

NIPTでわかる胎児ゲノム率とは
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

NIPTを受ける年代の割合
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

40代ももちろん受けられる
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 精度」
に関連するツイート
Twitter

今回はNIPTにしたけど、前回のクアトロ検査の方が精神的に楽だった…😇 クアトロはあくまで確率、NIPTも確率だけどかなり精度が高いし項目も多いからだと思う。陰性の場合は99.9%確実とも言われたし、それで運命が決まるようで生きた心地がしない💦 逆にNIPT悩んでる方はクアトロがいいかも💦

返信先:胎児ドックめちゃくちゃ良かったですよ〜🌸 コンバインド検査と合わせるとさらに精度も上がりますし、なにより精度の高いエコーではっきりじっくり赤ちゃんを見てもらえるのが良かったです◎niptだけではわからない形態的な異常も見つかりやすいですしね😌✨

双子でNIPTってどの程度の精度なんだろう… 不妊治療してた🆑では双子だから精度は微妙かもね…って言われて、検査受ける前に遺伝子外来受診マストだけどお金かかるし…10万近くかけて検査するからにはそれなりの精度であってほしい🥲 NIPT受けた双子ママさんいかがでしたか?

返信先:値段がそれぞれ違ったりするんですね💦せめて統一してほしいですね、、、 悩みどころですよね。精度ではNIPTが1番優れているとお聞きします。、

返信先:NIPT精度が高そうですよね…😳 他にもいくつか種類があってどれ受けたらいいか分からなくて😂 ちなみにお費用ってどれくらいかかりますか?😂🙌