NIPTを受ける年代の割合

NIPTを受ける年代の割合 新型出生前診断とも呼ばれているNIPTは、診断が可能となった2010年から翌年の間は年間約1,200名しか検査を受けていませんでした。
ところが2019年5月に日本産婦人科学会が統計を取ったところ、年間約5万1,000名の方々がNIPTを受けていたことが明らかとなっています。
さらにこの検査を受けている方々を年代別に分けてみると、20代が約15%・30代が24%・40代が約65%で年齢が上がるほどNIPTを受ける割合が高くなることがわかりました。
40代だと高齢出産となり、20代よりも胎児が何かしらの障害を持って生まれる可能性が高くなります。それを懸念して検査を受ける方が多いといえるでしょう。
また、NIPTは厚生労働省の認可を得ている出生前診断であり、特定検診の年齢に当てはまる40歳以上であれば検査に掛かる費用が全額免除されるということも、40代以上の年齢で受けている方が多いきかっけとなっています。

NIPTを受けることが認可されている年代について

NIPTを受けることが認可されている年代について NIPTは基本的に35歳以上の年代の妊婦が受けることを認可されていますが、他の年代の人も受け入れている病院があります。
アメリカでは一般的な検査であるNIPTは高齢出産が増えている日本でも多くの妊婦が受けるようになりました。日本における産婦人科の学会は、NIPTの受診者を35歳以上に限るなどの条件を定め認可施設のみ検査を行うことを認めています。
しかし検査の需要は増え続けており35歳以下でも実施可能な施設も増加中です。以前は高齢出産やダウン症などの遺伝子異常の疑いがある人のみが羊水検査を受けていました。
羊水検査は確定的に異常を判断することができますが、母体や胎児にもリスクがあります。NIPTであれば妊婦の血液を調べるだけでダウン症などの染色体異常を判断できるため、母体や胎児へのリスクも抑えられます。
確定診断ではないので陽性とされた場合には羊水検査などを行う必要があります。
羊水検査の前に新型出生前診断を行うと身体的・精神的負担を減らせるので、年齢を問わず多くの妊婦が受診するようになっています。

新着情報

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>今さら聞けない!細胞DNA検査とNIPTの違い
>NIPTで明らかになる遺伝子異常性は一部
>NIPTでわかる!ねこ啼き症候群について
>NIPTで判明しないターナー症候群について
>NIPTの基本検査でわかるエドワーズ症候群

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>大手のハウスメーカーが選ばれている理由とは
>ハウスメーカーでライフスタイルに合った家を建てよう
>輸入建築を購入する場合のハウスメーカーの選び方
>ハウスメーカーのホームページで基本プラン内容の確認
>各ハウスメーカーで工夫をしているエコな環境と設備の情報

◎2021/1/28

NIPTでわかる胎児ゲノム率とは
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

NIPTを受ける年代の割合
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

40代ももちろん受けられる
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 認可」
に関連するツイート
Twitter

NIPTのカウンセリングに行ってきた!認可だしもっとしっかりしてるのかと思ったらただNIPTのネットにもある説明されて終わっただけだったんだけど🤣それで10,000円取られてほんとぼったくり🤣🤣この紙読んでおいてくださいで終わるやろ🤣🤣

NIPT結果説明 認可施設で受け、 13.18.21トリソミー陰性 自費でエコーしていただき、 成長していて元気に動いてる姿が見れました〜👶 結果聞くまで心臓バクバクしてるのがわかった。笑

NIPTどこで受けるか永遠に悩んでる…条件外なので認可外一択かな…

認可施設でNIPT受けてきた。お医者さんと相談して胎児ドックはなし。何となく緊張してたのか帰宅してからお腹壊しちゃったw 結果は約2週間後。そして事前調査不足だったんだけど、NIPT代に羊水検査代も含まれてるって聞いて予定より少なく済んで安心。 なまらいい先生だった。

夫も心配だけど来週の妊婦健診と何週か待った認可病院の遺伝子カウンセリング付きのNIPT……………受けられるかな……